人間の人格形成に欠くことの出来ない
宗教的生活習慣を幼児期に行い
宗教的心情を基盤としての情操教育を
目指しています。
幼稚園では、園児のおつとめをとおして
仏さまを拝むことから出発します。
それは道徳教育より深い宗教教育の場であり
“生かされている私”であることの
めばえを育てることにあります。
私たちは自分一人の力で生きているのではなく
他の多くのいのちに支えられて
生かされています。
生きとし生けるもの、それぞれに
いのちの輝きと共に育ち合うところに
「まことの保育」の実践があります。
仏さまと一緒に、明るく、強く、仲良く、
周囲の人やあらゆるものに
「ありがとう」が心から言える人に
育ってほしいと思います。

【まことの保育】  【陽光園訪問】  【セミナーレポート】  【お仏参・礼拝】



【園紹介】