剣道は「礼に始まり、礼に終わる」と言われているが如く、礼儀を重んじる
日本古来の武道です。
剣道を通して精神的にも肉体的にも、たくましく育って欲しいとの願いから始めました。
年中、年長と2年間にわたり月に1回稽古します。
はじめは右も左もわからなかった子ども達が卒園前になると、りっぱに面打ちが
出来るようになります。


 年中(足さばき)
 年長(素振り、
面打ち


(年長)

「め~ん!!」

大きな声がプレールームに響きます

ちびっこ剣士たち

かまえもなかなか決まってるね!
「振りかぶって 打て~!!」

「やぁ~ め~ん」

ちからいっぱい先生に
かかっていきます

「せんせい、まだまだ 
       けんどうしたいよ~」
   


(年中)

 
 「せいざ~」  「もくそ~」

 目をつぶって、精神統一。

 「れい おねがいします」

 
 子どもたちの目は、真剣そのもの!

 先生の話に注目します。



 「かまえ!」 「なおれ!」

 大切な基本。 まずは、足裁き。
 
 「右足と、左足がちがうぞ・・・!?」
 


 「前、前、・・・・後、後・・・・・」

 「せんせー、まだ剣道したいよ~」

 「こんど、剣道いつ?」

 この、一言がうれしいなぁ~

剣道指導講師
西明 龍晃 先生(五段)
園  長
田中 悦二 先生(六段)
河童の里本舗たなか


【剣道教室】  【茶道教室】  【体操教室】 【英会話教室】